HOME > 一般歯科

一般歯科

むし歯治療

痛くない治療のイメージ
痛くない治療

歯医者さんと言えば「痛いことをされる」ところ。
そんなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、歯科医療に使われる麻酔は以前と比べてかなり進歩してきました。
当院では、「表面麻酔」と呼ばれる薬品を使用して歯ぐきを麻痺させてから、人肌に温めた麻酔を少しずつ打つため、痛みを感じることはほとんどありません。患者さんからも「もう麻酔終わったの?」と言って頂けるほどです。

歯周病治療

歯周病の症状

歯周病で細菌によって歯ぐきや骨にダメージを受けると、お口の中だけでなく全身にも影響が出ることがあります。予防を怠らないようにし、万が一歯周病になったら、早期に治療を進めていきましょう。

治療方法は、口内環境を整えること

歯周病治療の基本は、毎日のブラッシングを改善し、プラークと呼ばれる細菌の塊や歯垢を減らしていくことです。
もちろん、自宅のブラッシングだけでは取れない汚れもありますので、歯科医院でのクリーニングも欠かせません。こういった行動を積み重ねていくことで、口内環境が改善され、歯周病の症状も治まっていきます。また、骨が侵されて小さくなってしまった場合には、その骨の上にある歯ぐきが安定しなくなるため、骨の大きさに合わせて歯ぐきを削る治療をおこないます。
さらに、噛み合わせの悪さによって歯ぐきに負担をかけている場合は、噛み合わせを治していきます。

予防歯科

予防で様々な負担を減らすことが出来る

他の病気と同じように、お口の中の病気も早期発見と早期治療が非常に重要です。
初期の段階でむし歯や歯周病を治療するのであれば、費用も時間もかなり負担を少なくすることが出来ます。もちろん治療の際の痛みも低減されるため、場合によっては麻酔なしでむし歯治療を終えることが出来ます。
様々な負担を低減するためにも、定期的な検診とメンテナンスを受け、万が一不具合があっても早期発見・早期治療が出来るようにしておきましょう。

小児歯科

乳歯から永久歯に生え変わる時期に気をつけたいこと

乳歯が残った状態で、下から永久歯が生えてくることがあります。
これは、放っておくと歯並びが悪くなる可能性があるため、永久歯が生えてきたら乳歯を抜かなければなりません。この生え変わりの時期の対応が、一生の歯並びを左右することにもなりかねませんので、早めのご来院をお勧めいたします。

診療メニュー menu
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 入れ歯
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 親知らず